竣工とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

竣工

「美術館が竣工した」などのように使う「竣工」という言葉。

「竣工」は、音読みで「しゅんこう」と読みます。

「竣工」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「竣工」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

竣工の意味

「竣工」には次の意味があります。

建築工事や土木工事が終了すること(出典:小学館)
建物の建築工事が完了するという住宅・建築用語です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・しかも、阿房宮の内部に都市を創りあげ、ここに人間たちを誘きよせて移住者をふやしつづけようというのは、建築家一族を傭っているゾハル王家の意志です。竣工については時期を特定されることもなければ、暗示されることもありません。
(出典:古川日出男「アラビアの夜の種族」)

・いつもその活気には目を見張らせられる街なのだが、前に来た時よりも、オリンピックをひかえての都市開発がぐんと進んでいる。池袋のサンシャイン60より三階分高いことを誇る六三ビルも竣工していた。東洋一の高さというわけである。
(出典:藤村由加「人麻呂の暗号」)

・慶応二年九月十二日夜半、歳三が原田左之助ら三十六人を指揮して三条橋畔で土州藩士らと大乱闘をやっていたころ、榎本は、ロッテルダム市から約十里離れたドルドレヒトという小村にある造船所に詰めていた。いま乗っている「開陽」が、数日後に竣工するまでになっていたからである。「開陽」ほどの大艦の造船は、オランダでもめずらしかったから、当時は新聞、雑誌がこの艦のことを書きたて、「果してこの艦を架台から無事、河底の浅いドルドレヒト河におろしうるかどうか、技術上の最後の苦心はそこに払われた」と雑誌ネーデルランス・マハサイが書いている。
(出典:司馬遼太郎「燃えよ剣2(下)」)

・竣工時には総延長三十キロに達する円筒は、いまのところ十八キロ分が完成したばかり。そう言えば、今日は新しい地盤ブロックが繰り込まれる日だとバナージは思い出した。
(出典:福井晴敏「機動戦士ガンダムUC(全10巻) 機動戦士ガンダムUC 1 ユニコーンの日(上)」)

・去年竣工したビルに欠陥が現れ、男たちはその対策で大わらわだった。伊駒もいそがしい。
(出典:阿刀田高「空想列車(上)」)

類語

竣成(しゅんせい)
意味:大規模な建築物などができ上がること。(出典:小学館)

落成(らくせい)
意味:工事が完了して建築物などができあがること。(出典:小学館)

完工(かんこう)
意味:工事が完成すること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

仕上がる(しあがる)
意味:物事を最後の段階までしおえる。完成させる。(出典:小学館)

成就(じょうじゅ)
意味:物事を成し遂げること。また、願いなどがかなうこと。(出典:小学館)

タイトルとURLをコピーしました