祈りとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

祈り

「祈りの言葉」などのように使う「祈り」という言葉。

「祈り」は、訓読みで「いのり」と読みます。

「祈り」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「祈り」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

祈りの意味

「祈り」には次の意味があります。

神仏に請い願うこと。祈祷。祈願。(出典:デジタル大辞泉)

「祈り」をわかりやすく言うと「自分自身と高級神霊との対話」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・反省法、瞑想法、それから祈りなど、いろいろありますが、こうした修法が正定です。
(出典:大川隆法『悟りの挑戦』上巻)

・どうぞ今のそのお言葉を悔いられることがございませんように祈ります。
(出典:クリスティ/松本恵子訳『アクロイド殺人事件』)

・今年はみなの上に実りの豊かな年であってくれよかしと祈りたくなります。
(出典:倉田百三『青春の息の痕』)

・どうか怪物じゃありませんように、とチェスターは祈りたい気持だった。
(出典:エリスン『世界の中心で愛を叫んだけもの』)

・お前が無事に生まれるようにと心で祈りながら、ぼんやり空を見上げていた。
(出典:豊島与志雄『彗星の話』)

類語

心願(しんがん)
意味:神仏に、心の中で願をかけること。また、心からの願い。(出典:デジタル大辞泉)

礼拝(れいはい)
意味:神仏を敬って拝むこと。特に仏教で、仏・菩薩に合掌低頭して敬意を表すこと。(出典:デジタル大辞泉)

祈祷(きとう)
意味:神仏の加護を願い、言葉によって除災増福を祈ること。また、その儀礼。(出典:デジタル大辞泉)

感謝(かんしゃ)
意味:ありがたいと思う気持ちを表すこと。また、その気持ち。(出典:デジタル大辞泉)

祈願(きがん)
意味:ある目的が達成されるように、神仏に祈り願うこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました