社長とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

社長

「社長室に呼び出される」などのように使う「社長室」という言葉。

「社長室」は、音読みで「しゃちょう」と読みます。

「社長室」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「社長」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

社長の意味

「社長」には次の意味があります。

・会社の業務執行の最高責任者。会社代表の権限をもつ。(出典:デジタル大辞泉)

「社長」とは、会社の代表者であり、業務執行を指揮する役職のことである。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

社長室自体のスペースは広いが、基本的にオープンな設計になっている。
(出典:五十嵐貴久『TVJ』)

・一九七一年頃であったか、二人で社長室を訪ねた時にお言葉があった。
(出典:三浦光世『三浦綾子創作秘話』)

・青年社長はひどく不安そうで、父親の顔から目がはなせないようだった。
(出典:クイーン/石川年訳『中国切手殺人事件』)

・あの人が女社長のコスプレをしたら、ちょうどこんな感じじゃねえかな。
(出典:伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7巻』)

・おれもう神さんのことなんか忘れて、すぐ電話で社長に連絡とったんや。
(出典:植松真人『神さんが降りてきた。』)

類語

・専務取締役(せんむとりしまりやく)
意味:株式会社の取締役の一つ。取締役会の互選により、通常、取締役社長を補佐して、会社業務を専掌するもの。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・常務取締役(じょうむとりしまりやく)
意味:株式会社の取締役のうち、社長および専務取締役を補佐して、特に日常の経営業務の執行にあたる役職。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・部長(ぶちょう)
意味:官庁・会社などで、部の事務を統轄し、部下を監督する役職。また、その人。(出典:デジタル大辞泉)

・課長(かちょう)
意味:官庁・会社などで、一つの課を統括・管理する職。また、その人。(出典:デジタル大辞泉)

・係長(かかりちょう)
意味:官庁・会社などでの役職の一。その部署の係員の長で、普通は課長の下の地位。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました