社交辞令とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

社交辞令

「社交辞令が苦手だ」などのように使う「社交辞令」という言葉。

「社交辞令」は、音読みで「しゃこうじれい」と読みます。

「社交辞令」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「社交辞令」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

社交辞令の意味

「社交辞令」には次の意味があります。

つきあいをうまく進めるための儀礼的なほめ言葉やあいさつ。外交辞令。(出典:デジタル大辞泉)

本心は別として、形だけの言葉であることを言います。「社交辞令が苦手だ」というのは、そういった形ばかりのやりとりをすることが苦手だという意味です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

社交辞令として部屋に遊びに来てほしいと言っただけで、本当に来るとは期待していなかったようだ。
(出典:鈴木光司『ループ』)

・本当に興味があるわけではなくただの社交辞令だ。
(出典:山本文緒『紙婚式』)

・つまらない世辞や社交辞令を口にしない潔さは、むしろ好ましいと思っている。
(出典:三雲岳斗『聖遺の天使』)

・村善は平沼親方の社交辞令を真に受けていた。
(出典:もりたなるお『金星 相撲小説集』)

社交辞令も世間話もなしで、彼は単刀直入に聞いてくる。
(出典:山本文緒『プラナリア』)

類語

御世辞(おせじ)
意味:口先だけの褒め言葉。あいそのよい言葉やしぐさ。御追従。(出典:精選版 日本国語大辞典)

儀礼(ぎれい)
意味:慣習によってその形式が整えられている礼法。礼式。(出典:デジタル大辞泉)

通り一遍(とおりいっぺん)
意味:うわべだけで誠意のないこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

決り文句(きまりもんく)
意味:いつもきまって言う文句。また、型にはまった文句。(出典:デジタル大辞泉)

リップサービス
意味:口先だけで調子のよいことを言うこと。世辞。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました