社交的とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

社交的

「彼女は社交的な性格だ」などのように使う「社交的」という言葉。

「社交的」は、音読みで「しゃこうてき」と読みます。

「社交的」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「社交的」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

社交的の意味

「社交的」には次の意味があります。

人とのつきあいに積極的で、つきあい方のじょうずなさま。(出典:デジタル大辞泉)

「社交的」な人は、一般的に交友関係が広い、前向き、活動的などの特徴があると言われています。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

社交的なものではないし、知的なものでもないことは、明らかであった。
(出典:ダイン/瀬沼茂樹訳『カナリヤ殺人事件』)

・しかし彼らは二人とも、かなり教養のある親切げな社交的な男であった。
(出典:ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』)

・この少年はもっと実際的な方面に才があり、話のしぶりも社交的であった。
(出典:倉田百三『光り合ういのち』)

・しかし、いくらかは不満を表明するのが社交的な儀礼というものであろう。
(出典:半村良『赤い酒場』)

・娘はそれを、自分が賢く明るく社交的になったように感じて、歓迎した。
(出典:小川一水『風の邦、星の渚 レーズスフェント興亡記』)

類語

外向的(がいこうてき)
意味:興味や関心が外部の物事に向かうさま。(出典:デジタル大辞泉)

積極的(せっきょくてき)
意味:物事を進んでするさま。(出典:デジタル大辞泉)

能動的(のうどうてき)
意味:自分から他へはたらきかけるさま。(出典:デジタル大辞泉)

意欲的(いよくてき)
意味:物事を積極的に成し遂げようとするさま。(出典:デジタル大辞泉)

精力的(せいりょくてき)
意味:活動する力のあふれるさま。疲れを見せずに物事に積極的に対処していくさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました