礼節とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

礼節

「礼節を重んじる」などのように使う「礼節」という言葉。

「礼節」は、音読みで「れいせつ」と読みます。

「礼節」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「礼節」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

礼節の意味

「礼節」には次の意味があります。

社会の秩序を保つための作法・行動。(出典:Wiktionary日本語版)

「礼節」をわかりやすく言うと「相手に敬意を持って接する」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・彼は礼節以外の部分で失地を回復しなければならないと思い込んでいた。
(出典:佐島勤『魔法科高校の劣等生 12 ダブルセブン編』)

・領土の野心をむきだしの彼らには、他国に対する礼節の念がまるでない。
(出典:高田宏『言葉の海へ』)

・紳士は十分に品格と礼節とを備えた態度をもっておれに接した。
(出典:森鴎外訳『諸国物語(上)』)

・こうなっては、もう礼節を重んじてばかりいるワケに行かなくなりましたよ。
(出典:坂口安吾『不連続殺人事件』)

・局の眼中には、朝廷も礼節もなく、ただ強い我執と増長慢のみがあった。
(出典:稲垣史生『考証[大奥]』)

類語

礼儀(れいぎ)
意味:礼と義。また、人のふみ行うべき礼の道。(出典:デジタル大辞泉)

作法(さほう)
意味:物事を行う方法。きまったやり方。きまり。しきたり。(出典:デジタル大辞泉)

風儀(ふうぎ)
意味:風習。しきたり。ならわし。(出典:デジタル大辞泉)

行儀(ぎょうぎ)
意味:礼儀の面からみた立ち居振る舞い。また、その作法・規則。(出典:デジタル大辞泉)

典礼(てんれい)
意味:定められた儀礼や儀式。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました