監禁とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

監禁

「罪人を監禁する」などのように使う「監禁」という言葉。

「監禁」は、音読みで「かんきん」と読みます。

「監禁」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「監禁」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

監禁の意味

「監禁」には次の意味があります。

・人を一定の場所に閉じ込めて、行動の自由を奪うこと。(出典:デジタル大辞泉)

「監禁」とは、脱出できないように人を閉じ込めることを言います。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・何日も監禁されて、それで姿を見せなかったのかもしれないではないか!
(出典:MASKMAN『ボヘミアンガラス・ストリート』)

・そうしておいて、彼女をわれわれのどこかの場所へ監禁しておくんです。
(出典:E・E・スミス/川口正吉訳『宇宙のスカイラーク』)

監禁された電車の内部ということが、人の目を理髪店の鏡にしてしまう。
(出典:秋山駿『人生の検証』)

・「彼女はこれまでどおり監禁されていた洞窟に帰ったよ」かれは答えた。
(出典:バローズ/佐藤高子訳『危機のペルシダー』)

・お父さんがティラン人に監禁されている以上、処刑は時間の問題である。
(出典:アシモフ/川口正吉訳『暗黒星雲のかなたに』)

類語

・軟禁(なんきん)
意味:比較的ゆるやかな監禁。家または室内にとどめておき、外部との交渉・接触を自由にさせないこと。(出典:デジタル大辞泉)

・幽閉(ゆうへい)
意味:ある場所に閉じこめて外に出さないこと。(出典:デジタル大辞泉)

・拘禁(こうきん)
意味:人を捕らえて、一定の場所に閉じ込めておくこと。(出典:デジタル大辞泉)

・禁足(きんそく)
意味:一定の場所から外へ出るのを禁止すること。(出典:デジタル大辞泉)

・幽囚(ゆうしゅう)
意味:捕らえられて、閉じこめられること。また、その人。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました