監修とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

監修

「専門書の監修をつとめる」などのように使う「監修」という言葉。

「監修」は、音読みで「かんしゅう」と読みます。

「監修」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「監修」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

監修の意味

「監修」には次の意味があります。

著述・編集などを監督すること。また、その人。(出典:デジタル大辞泉)

「専門書の監修をつとめる」で、「ある分野の専門的な書物を出版するにあたり、内容に問題がないかをチェックしたりアドバイスしたりする」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・さらにわたしは、出版の監修を約束した。
(出典:ルソー/桑原武夫訳『告白(下)』)

・なるほど、監修者がきちんとしたのか、とぼくは、自分になつかしさがこみあげてきた理由が分った。
(出典:青山南『ピーターとペーターの狭間で』)

・描写や様々な解釈に誤りがある場合はすべて私の責任ですが、この方々の懇切丁寧な監修のお陰で、物語を支える大切な根を育てることができました。
(出典:上橋菜穂子『鹿の王 下』)

・僕が監修者になって、妖怪の話なんかをしたのだが、話を終えると、客の中から、 「お前、えろなったもんやな」 と、声をかける者がいる。
(出典:水木しげる『ねぼけ人生』)

・ケーキ作りのレシピ本監修
(出典:森絵都『風に舞いあがるビニールシート』)

類語

監督(かんとく)
意味:取り締まったり、指図をしたりすること。また、その人や機関。(出典:デジタル大辞泉)

管理(かんり)
意味:ある規準などから外れないよう、全体を統制すること。(出典:デジタル大辞泉)

責任者(せきにんしゃ)
意味:ある事柄について、その責任を負うべき人。(出典:デジタル大辞泉)

統括(とうかつ)
意味:ばらばらのものを一つにまとめること。(出典:デジタル大辞泉)

主幹(しゅかん)
意味:ある仕事を中心となって行いまとめていく人。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました