画一的とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

画一的

「画一的な対応」などのように使う「画一的」という言葉。

「画一的」は、音読みで「かくいつてき」と読みます。

「画一的」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「画一的」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

画一的の意味

「画一的」には次の意味があります。

何もかも一様で、個性や特徴のないさま。(出典:デジタル大辞泉)

「画一的な対応」は「個性や特徴のないロボットのような対応」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・もちろん、法律上は成人というものを画一的に定義しなければならない。
(出典:赤瀬川隼『人は道草を食って生きる』)

・マスコミの発達はいいことだが、それは画一的で一方通行になりやすい。
(出典:星新一『きまぐれ博物誌』)

・現在の型が悪いというのではなく、流行のままに、あまりに画一的すぎるような気がしてならないのである。
(出典:星新一『きまぐれ星のメモ』)

・変声機を使うと画一的な声になり、性別や年齢がわからなくなる。 
(出典:海月ルイ『十四番目の月』)

・ほとんど画一的であるとさえ言えるかも知れない。
(出典:藤原正彦『若き数学者のアメリカ』)

類語

均質きんしつ
意味:成分や密度、また品質などにむらがなく一様であること。(出典:デジタル大辞泉)

似たり寄ったりにたりよったり
意味: 互いに優劣・差異などがほとんどないこと。 (出典:デジタル大辞泉)

一律いちりつ
意味:物事のやり方や調子が一様で変化や例外がないさま。また、異なったものをも同一に扱うこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

類型的るいけいてき
意味:型にはまっていて、個性や特色が見られないさま。ありふれているさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

紋切り型もんきりがた
意味:かたどおりで新味のないこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました