生理痛とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

生理痛

「生理痛がひどい」などのように使う「生理痛」という言葉。

「生理痛」は、音読みで「せいりつう」と読みます。

「生理痛」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「生理痛」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

生理痛の意味

「生理痛」には次の意味があります。

月経に伴って起こる、下腹部の痛みや頭痛などの症状。(出典:精選版 日本国語大辞典)

女性にとって避けて通れないもので男性は理解が必要です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・男には、生理痛がどんなものなのか想像もつかないだろう。
(出典:森瑤子『恋愛関係』)

・病室に帰って変な気分で横たわっていると、生理痛のような痛みが起こってきた。
(出典:内田春菊『ファザーファッカー』)

・若い時から淳美は生理痛がひどいうえに、周期がひどく不規則だった。
(出典:林真理子『初夜』)

・あの人、心臓が悪いから、生理痛が重いんじゃないのかな。
(出典:わかつきひかる『AKUMAで少女 2 ~嵐を呼ぶ転校生~』)

生理痛には、人間関係とか仕事の満足感も大きく影響している場合があるようです。
(出典:沖藤典子『女が会社へ行きたくない朝』)

類語

月経痛(げっけいつう)
意味:月経に伴って起こる下腹部などの痛み。
(出典:デジタル大辞泉)

痛痒(つうよう)
意味:精神的、肉体的な苦痛や、物質的な損害。
(出典:デジタル大辞泉)

鈍痛(どんつう)
意味:にぶく重苦しい痛み。
(出典:デジタル大辞泉)

苦痛(くつう)
意味:からだや心に感じる苦しみや痛み。
(出典:デジタル大辞泉)

激痛(げきつう)
意味:はげしい痛み。
(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました