甘味料とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

甘味料

「人工甘味料」などのように使う「甘味料」という言葉。

「甘味料」は、音読みで「かんみりょう」と読みます。

「甘味料」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「甘味料」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

甘味料の意味

「甘味料」には次の意味があります。

味覚に対して甘味を感じさせる調味料および食品添加物の総称。天然甘味料と人工甘味料がある。(出典:日本大百科全書)

具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・容器の大半は加工野菜、肉、甘味料であったが、中のいくつかは魚が入っていた。
(出典:ホーガン『星を継ぐもの』)

甘味料として、砂糖の重要性が大きいのもそのためです。
(出典:平野雅章『熱いが御馳走 食物ことわざ事典II』)

・苦悩と涙こそ、恋愛における最大の甘味料である。
(出典:林真理子『美女入門 PART2』)

・それから、甘味料には、エリスリトールとキシリトールが使われてるんですよ。
(出典:貴志祐介『クリムゾンの迷宮』)

・このころから、従来の甘味料の蜂蜜にかわって、砂糖の名がレシピに盛んに顔を出すようになる。
(出典:石井美樹子『中世の食卓から』)

類語

調味料(ちょうみりょう)
意味:料理の味あるいは素材の持ち味などを調整し、料理全体の味をととのえる働きをするものの総称。(出典:日本大百科全書)

甘み(あまみ)
意味:甘い味。甘さの程度。甘さ。(出典:デジタル大辞泉)

砂糖(さとう)
意味:代表的な甘味料で,純粋なものは化学上はショ糖と呼ばれる。(出典:百科事典マイペディア)

蜜(みつ)
意味:甘味のある粘稠(ねんちゅう)性の強い液体の総称。(出典:日本大百科全書)

糖分(とうぶん)
意味: 糖類の成分。また、あまみ。(出典:日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました