現実とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

現実

「現実を見ろ」などのように使う「現実」という言葉。

「現実」は、音読みで「げんじつ」と読みます。

「現実」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「現実」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

現実の意味

「現実」には次の意味があります。

・いま目の前に事実として現れている事柄や状態。(出典:デジタル大辞泉)

頭の中で考えるのではなく、現に実際こうであるという状態を言います。
「現実を見ろ」で「頭の中で考えるのでなく、実際の状態を見ろ」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・私の今の現実の生活は冷くあっても決して夢でもなく、道楽でもない。
(出典:加藤文太郎『単独行』)

・老人はたびたび魚のほうを見て、それが現実であることを確かめていた。
(出典:ヘミングウェイ・アーネスト・ミラー『老人と海』)

・この痛さによって、彼が現実に生きて行動していることが確実に証明された。
(出典:坂口安吾『安吾の新日本地理』)

・しかし、現実問題としてそうしたデータの異常が見つかっているのだ。
(出典:吉村達也『スイッチ』)

・いや許される許されないは別にして、そんなことが現実的に可能なのか。
(出典:京極夏彦『狂骨の夢』)

スポンサーリンク

類語

・本当(ほんとう)
意味:偽りでなく事実・真実であること。見せかけでなく実際であること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・真実(しんじつ)
意味:うそ偽りのないこと。(出典: デジタル大辞泉 )

・如実(にょじつ)
意味:現実のままであること。(出典: デジタル大辞泉 )

・実際(じっさい)
意味:物事のあるがままの状態。(出典: デジタル大辞泉 )

・事実(じじつ)
意味:実際にあった事柄。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました