特性とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

特性

「共通な特性」などのように使う「特性」という言葉。

「特性」は、音読みで「とくせい」と読みます。

「特性」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「特性」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

特性の意味

「特性」には次の意味があります。

そのものだけが持つ性質。特有のすぐれた性質。(出典:デジタル大辞泉)

「特性」をわかりやすく言うと「そのものだけが持っている優れた性質」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・身体の基本的な特性や呼吸の仕方は、どのような諸活動にも現れてくる。
(出典:齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』)

・これは多くの鑑定士かんていしや批評家も認める彼の作品だけが持つ優すぐれた特性だ。
(出典:清野静『時載りリンネ!2 時のゆりかご』)

・そしてこの目的のためには、言葉のあらゆる特性が利用されねばならぬ。
(出典:萩原朔太郎『青猫』)

・靴底の素材の機械的な特性が、加えられる圧力に応じて変化するのです。 普通の速度で歩く時は靴の底は比較的柔軟です。
(出典:ホーガン『星を継ぐもの』)

・それがタクシー運転手の特性であり、タクシー妖怪もまたそうであった。
(出典:伏見健二/高井信/山本弘『妖魔夜行 魔獣めざめる』)

類語

特質とくしつ
意味: あるものの持っている、特にとり立てていうべき性質。(出典:精選版 日本国語大辞典)

性質せいしつ
意味:その事物に本来そなわっている特徴。(出典:デジタル大辞泉)

特色とくしょく
意味:他と特に異なっているところ。他のものよりすぐれて目立つ点。(出典:デジタル大辞泉)

特有性とくゆうせい
意味:一般のものにはなくてそのものだけに特に備わっている性質。(出典:精選版 日本国語大辞典)

特徴とくちょう
意味:他と異なって、特に目立つしるし。(出典:他と異なって、特に目立つしるし。)

タイトルとURLをコピーしました