焦眉とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

焦眉

「焦眉の問題」などのように使う「焦眉」という言葉。

「焦眉」は、音読みで「しょうび」と読みます。

「焦眉」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「焦眉」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

焦眉の意味

「焦眉」には次の意味があります。

危険が迫っていること。差し迫った状況にあること。(出典:デジタル大辞泉)

「焦眉」はその漢字が表す通り「眉毛が焦げるほど火(危険)が差し迫っている状態」を言います。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・それよりもここを無事に出発することが焦眉の急であった。
(出典:松本清張『黒の回廊』)

・そうだとすれば「国家」はまさに現代思想の焦眉の課題となるだろう。
(出典:今村仁司『増補 現代思想のキイ・ワード』)

・疎開ということを人々は今では焦眉のこと、生命に関することとして真剣に考えている。
(出典:伊藤整『太平洋戦争日記(三)』)

・なにしろ焦眉の大目的というものがフランス側にはない。
(出典:古川日出男『アラビアの夜の種族1』)

・ならば、身を犠牲とする覚悟で焦眉の危急を、あなたへ告げてきたのも道理だ。
(出典:吉川英治『新・水滸伝(一)』)

スポンサーリンク

類語

緊急事態(きんきゅうじたい)
意味:重大で、対策を至急に必要とする事態。(出典:デジタル大辞泉)

火急(かきゅう)
意味:事態がきわめてさし迫っていること。また、そのさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

急場(きゅうば)
意味:急いで処置をしなければならない時、場面。せっぱつまった場合。(出典:デジタル大辞泉)

変局(へんきょく)
意味:ふだんと異なった局面。非常の事態。(出典:デジタル大辞泉)

切迫(せっぱく)
意味:緊張した状態になること。逃げ場のない追いつめられた状態になること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました