無頼とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

無頼

「無頼の男」などのように使う「無頼」という言葉。

「無頼」は、音読みで「ぶらい」と読みます。

「無頼」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「無頼」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

無頼の意味

「無頼」には次の二つの意味があります。

1 一定の職業を持たず、無法なことをすること。また、そのさまやその人。
2 酒や女遊びにふけること。放蕩(ほうとう)(出典:精選版 日本国語大辞典)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

無頼の意味①「一定の職業を持たず、無法なことをすること。また、そのさまやその人。」

「無頼」の一つ目の意味は「一定の職業を持たず、無法なことをすること。また、そのさまやその人。」です。

よく使われる「無頼漢(ぶらいかん)」は、「やくざ」「ごろつき」「無法者」という意味です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・余所目には、小兵衛が無頼者の傍を擦りぬけたとしか見えなかったろう。 
(出典:池波正太郎『剣客商売7隠れ蓑』)

・目的は、京都の町から無頼の徒を追放し、治安を回復することにある。
(出典:咲村観『上杉謙信地の巻』)

・見物は遠巻きにして、無頼浪人どもの無法な狼藉をながめているのみだ。
(出典:池波正太郎『夜明けの星』)

・世の中には、金さえ貰えばなんでもするという無頼の輩がうようよしておる。
(出典:藤水名子『浪漫’s 見参!桜子姫』)

スポンサーリンク

類語

不埒ふらち
意味:法にはずれていること。けしからぬこと。また、そのさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

無法むほう
意味:法のないこと。法律があっても守られないこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

不届ふとどき
意味:道や法にそむいた行ないをすること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

アウトロー
意味:無法者。無頼漢。社会ののけもの。(出典:精選版 日本国語大辞典)

無頼の意味②「酒や女遊びにふけること。放蕩(ほうとう)。」

「無頼」の二つ目の意味は「酒や女遊びにふけること。放蕩(ほうとう)。」です。

「無頼な生活」とは、「酒や女、煙草にふけり、まともな仕事もせずに生活していること」を指します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

無頼な生活をしただけに予想もせぬところから債務が出てきて、夫人は丸太町の家だけ残したのが精一杯であった。
(出典:水上勉『雁の寺(全)』)

・以後数年間無頼な生活が続く。
(出典:高井有一『立原正秋』)

・俺はいかにも放蕩無頼で、じゅん子に求婚する資格はないかも知れん。
(出典:石川達三『充たされた生活』)

・彼がいかに乱淫無頼な男であるかは、次の一例でも分ろうと、書いているのだ。
(出典:吉川英治『私本太平記』)

スポンサーリンク

類語

放蕩ほうとう
意味:思うままに振る舞うこと。特に、酒や女遊びにふけること。 (出典:デジタル大辞泉)

怠惰たいだ
意味:なまけてだらしないこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

享楽的きょうらくてき
意味:快楽にふけるさま。(出典:デジタル大辞泉)

乱倫らんりん
意味:倫理にはずれた行いをすること。特に、男女関係の乱れていること。
(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました