無償とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

無償

「無償の愛」などのように使う「無償」という言葉。

「無償」は、音読みで「むしょう」と読みます。

「無償」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「無償」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

無償の意味

「無償」には次の意味があります。

・報償がないこと。また、代価を払わないですむこと。ただ。無料。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「無償」は金銭だけでなく全ての物事において見返りを求めないことを意味します。
それに対して「無料」は金銭に関してのみ払う必要がないことを指しますので、「無料」は「無償」のうちの一部分、金銭に関する側面のみを指しています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・復讐のための復讐、そのためにこそ彼は無償の自己犠牲を払うのである。
(出典:魯迅『阿Q正伝』)

・それは、梓圭一郎という男の、自分に対する無償の愛を試す言葉だった。
(出典:吉村達也『観音信仰殺人事件』)

・要するに、親も子も互いに無償に愛している〝ふり〟をし続けるわけである。
(出典:小池真理子『悪の愛情論』)

・本文書は電子的には基本的に無償で配布されるものとする。
(出典:山本ゆうじ『モウグリの兄弟たち』)

無償であんな美人を助けたからこそ、それがかけがえのないいい記憶になるんだよ。
(出典:山田風太郎『明治波濤歌(下) 山田風太郎明治小説全集 10』)

類語

・ただ(ただ)
意味:代金のいらないこと。また、報酬のないこと。無料。(出典:goo辞書)

・無料(むりょう)
意味:料金を払わなくてよいこと。無代(むだい)。ただ。(出典:デジタル大辞泉)

・フリー(ふりー)
意味:料金などを免除されること。無料。(出典:デジタル大辞泉)

・サービス(さーびす)
意味:商売で、値引きしたり、おまけをつけたりすること。(出典:デジタル大辞泉)

・無給(むきゅう)
意味:給料のないこと。給料を支払わないこと。また、給料を支払われないこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました