焙煎とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

焙煎

「自家焙煎」などのように使う「焙煎」という言葉。

「焙煎」は、音読みで「ばいせん」と読みます。

「焙煎」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「焙煎」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

焙煎の意味

「焙煎」には次の意味があります。

コーヒー豆などを焙(ほう)じて煎(い)ること。(出典:デジタル大辞泉)

「焙煎」をわかりやすく言うと「コーヒー豆などを熱して水分を飛ばし、風味や香りを出すこと」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・彼女が昨日買った炭焼焙煎には、砂糖のパックだけ入っていなかった。
(出典:角田光代『幸福な遊戯』)

・お茶を栽培するのも焙煎するのも、輸出用に箱詰めしてるのも、すべてきみたちじゃないか。
(出典:三浦真奈美『風のケアル 第5巻 旭光へ翔ける翼』)

・渋谷の専門店には、豆の種類だけではなく焙煎方法まで指定しているほどであり、淹れ方に対するこだわりは、さらに厳密に決められていた。
(出典:貴志祐介『硝子のハンマー』)

・どんな薬草を育てるか、何と何をブレンドするか、焙煎の度合いによって味はどう変わるか、と試行錯誤しているうちに、季節は何度もめぐってしまった。
(出典:吉岡忍『奇跡を起こした村のはなし』)

・四角い金属製のボックスの中に『コーヒー』という液体が入っているのではなく、あらかじめ焙煎された豆を機材がすり潰す所から自動で行われていく。
(出典:鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第15巻』)

類語

煎る(いる)
意味:火にかけて、水気がなくなるまで煮つめる。また、鍋などに入れて火であぶる。(出典:デジタル大辞泉)

乾煎り(からいり)
意味:水や油を加えないで材料を煎ること。(出典:デジタル大辞泉)

ロースト
意味:豆類をいること。(出典:デジタル大辞泉)

焙じる(ほうじる)
意味:火であぶって、からからになるまで炒(い)る。(出典:精選版 日本国語大辞典)

焦がす(こがす)
意味:火に当てて焼いたり熱を加えたりして物の表面を黒くする。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました