為政者とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

為政者

「為政者の能力」などのように使う「為政者」という言葉。

「為政者」は、音読みで「いせいしゃ」と読みます。

「為政者」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「為政者」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

為政者の意味

「為政者」には次の意味があります。

政治を行う者。為政家。(出典:デジタル大辞泉)

国や機関、団体等の指揮を取る人の総称です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・従って有力な為政者には必ず新知識を持った学者が付きそうていた。
(出典:和辻哲郎『古寺巡礼』)

・昔の為政者の中にはまじめに百年後の事を心配したものもあったようである。
(出典:寺田寅彦『時事雑感』)

・知らぬが仏と言うものの、かかる事は何卒為政者の気を付けられたい事だ。
(出典:南方熊楠『十二支考』)

・先にも述べたように、為政者から牛馬のようにこき使われていたのである。
(出典:黒岩重吾『落日の王子 蘇我入鹿(上)』)

為政者の必要だけで強いたものが、そう長く民衆に受け入れられるものではない。
(出典:海音寺潮五郎『さむらいの本懐』)

スポンサーリンク

類語

支配者(しはいしゃ)
意味: 支配する人。統治する人。(出典:精選版 日本国語大辞典)

政治家(せいじか)
意味:政治を職業とし、専門的にこれに携わる人。議会の議員をさしていうことが多い。(出典:デジタル大辞泉)

政客(せいかく)
意味:政治にたずさわる人。また、政治運動をする人。(出典:デジタル大辞泉)

ポリティシャン
意味:政治家。また、私利や党利を追求する政治屋(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました