消滅とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

消滅

「消滅する」などのように使う「消滅」という言葉。

「消滅」は、音読みで「しょうめつ」と読みます。

「消滅」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「消滅」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

消滅の意味

「消滅」には次の意味があります。

消えてなくなること。それまで存在していたものがなくなってしまうこと。(出典:デジタル大辞泉)

「消滅」をわかりやすく言うと「あるものがなくなること。」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・だから世界はあの時、消滅しても僕にとつては余り不思議ではなかつた。
(出典:原民喜『火の子供』)

・なぜ逃げまわった場合の方が、その罪の消滅する期間が短いのだろうか。
(出典:別役実『犯罪症候群』)

・ついさっき一人の人間の消滅を目の前にしてきたせいかもしれない。
(出典:村上春樹『1Q84 BOOK3』)

・そのころまでには紙と活字の本だって自然消滅しているにちがいない。
(出典:津野海太郎『本はどのように消えてゆくのか』)

・その予想外の出来事で、貴方は後継者の完成を前にして消滅してしまった。
(出典:奈須きのこ『歌月十夜 04 朱い月』)

類語

去る(さる)
意味:ある場所から離れる。(出典:デジタル大辞泉)

地を掃う(ちをはらう)
意味:なにも残らないで、すべてなくなってしまう。(出典:精選版 日本国語大辞典)

散逸(さんいつ)
意味:ばらばらになって行方がわからなくなること。(出典:デジタル大辞泉)

抹消(まっしょう)
意味:文字などをぬりつぶして消すこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

喪失(そうしつ)
意味:うしなうこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました