スポンサーリンク

洗練とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

洗練

「洗練された文章」などのように使う「洗練」という言葉。

「洗練」は、音読みで「せんれん」と読みます。

「洗練」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「洗練」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

洗練の意味

「洗練」には次の二つの意味があります。

1 詩歌・文章の表現を推敲して、よりよいものにすること。
2 人柄や趣味などを、あかぬけのした優雅・高尚なものにすること。(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

洗練の意味①「詩歌・文章の表現を推敲して、よりよいものにすること。」

「洗練」の一つ目の意味は「詩歌・文章の表現を推敲して、よりよいものにすること。」です。

「洗練された文章」で「優れた文章」という意味になります。
また、この意味の「洗練」には、何度も書き直し、以前より完成度が高くなるという意味を含むことがあります。


具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・いわゆるリアリズムの作家にこうした洗練された立派な表現があるだろうか。
(出典:菊池寛『志賀直哉氏の作品』)

・もっと洗練された化粧を施せばますますかつての姉に似てくるだろう。
(出典:和田はつ子『虫送り』)

・しかし技が洗練されているというのであろうか、投げられても全く痛くない。
(出典:三好京三『琥珀の技 三船十段物語』)

・それは冷ややかな感じさえする、とても洗練されたものに感じられた。
(出典:尾崎豊『黄昏ゆく街で』)

類語

粋(いき)
意味:質が良くすぐれている。すぐれたもの。(出典:デジタル大辞泉)

垢抜け(あかぬけ)
意味:容姿、態度、技芸などが洗練されて素人離れしていること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

風流(ふうりゅう)
意味:上品で優美な趣のあること。優雅なおもむき。(出典:精選版 日本国語大辞典)

御洒落(おしゃれ)
意味:服装や化粧などを洗練したものにしようと気を配ること。(出典:デジタル大辞泉)

洗練の意味②「人柄や趣味などを、あかぬけのした優雅・高尚なものにすること。」

「洗練」の二つ目の意味は「人柄や趣味などを、あかぬけのした優雅・高尚なものにすること。」です。

わかりやすく言うと人格が素晴らしく、趣味や行動に気品が感じられるという意味です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・そのため服装やマナーも洗練されたものを身につけることを要求される。
(出典:中川靖造『海軍技術研究所』)

・彼らはヨーロッパ風の教育を受け、洗練された鄭重ていちようさを身につけている。
(出典:山田風太郎『ラスプーチンが来た 山田風太郎明治小説全集11』)

・頭の先から足の先まで、一分の隙もない、洗練された都会人ではないか。
(出典:酒井嘉七『静かな歩み』)

・しかし洗練された教養のある女性は、彼にはほとんど新しい存在であった。
(出典:スタンダール/白井浩司訳『恋愛論』)

類語

端麗(たんれい)
意味:姿、形がととのっていて美しいこと。また、そのさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

昇華(しょうか)
意味:物事が一段上の状態に高められること。(出典:デジタル大辞泉)

風流(ふうりゅう)
意味:上品で優美な趣のあること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

鮮麗(せんれい)
意味:あざやかできれいなこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました