毎週とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

毎週

「毎週ジムに通う」などのように使う「毎週」という言葉。

「毎週」は、音読みで「まいしゅう」と読みます。

「毎週」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「毎週」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

毎週の意味

「毎週」には次の意味があります。

・一週間ごと。すべての週。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「毎週」とは、一週間ごとの、と言う意味です。例えば、「毎週日曜日」と言うのは、週におけるすべての日曜日のことを言います。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・佐分利は毎週四里の道を往復したが、これはなかなかできんことですぞ。
(出典:豊田穣『海兵四号生徒』)

・彼女が毎週書きまくっているものを読んで、僕にはそれがよくわかった。
(出典:森瑤子『デザートはあなた』)

・しかしこのアントンには毎週幾回も図書館の助手としての勤務があった。
(出典:ヘッセ/高橋健二訳『ガラス玉演戯(上)』)

毎週のごとく飛行機で大阪から上京してくるし、外国にもよく出かける。
(出典:星新一『きまぐれ博物誌・続』)

・雑誌に出てくるような店に毎週末連れてかれるのも我慢してつきあってた。
(出典:角田光代『太陽と毒ぐも』)

類語

・都度(つど)
意味:物事が行われるたびごと(出典:デジタル大辞泉)

・毎日(まいにち)
意味:来る日も来る日も。日ごと。(出典:デジタル大辞泉)

・毎月(まいげつ)
意味:月のたびごと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・毎年(まいねん)
意味:としごと。年々。まいとし。(出典:デジタル大辞泉)

・毎回(まいかい)
意味:繰り返しめぐってくる、そのたびごと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました