歴然とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

歴然

「差は歴然だ」などのように使う「歴然」という言葉。

「歴然」は、音読みで「れきぜん」と読みます。

「歴然」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「歴然」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

歴然の意味

「歴然」には次の意味があります。

まぎれもなくはっきりしているさま。(出典:デジタル大辞泉)

「差は歴然だ」を分かりやすく言うと、「差は明らかだ」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・同日に合格した二人にすでに歴然として生まれた差がそれを証明していた。
(出典:林亮介『和風Wizardry純情派 2』)

・だが、形の違いは歴然としているし、動きに至っては天地の開きがある。
(出典:皆川ゆか『機動戦士ガンダム外伝 戦慄のブルー』)

・ひとり、あるいは複数の男のおもちゃにされたらしい跡が歴然である。
(出典:横溝正史『人形佐七捕物帳 15』)

・だが、いま気を失って静かに横たわる姿を見れば、その正体は歴然だ。
(出典:東川篤哉『謎解きはディナーのあとで2』)

・全く人の一生と一巻の本とは最後に到って真価の歴然とするものです。
(出典:宮本百合子『獄中への手紙』)

類語

明明白白めいめいはくはく
意味:はっきりしていて、少しの疑いもないこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

言うもおろかいうもおろか
意味:言うまでもない。言うのもばかげている。(出典:デジタル大辞泉)

鮮明せんめい
意味:あざやかではっきりしているさま。美しく分明なさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

如実にょじつ
意味:現実のままであること。事実のとおりであること。(出典:デジタル大辞泉)

彷彿ほうふつ
意味:ありありと眼前に見えること。はっきりと脳裏に浮かぶこと。また、そのさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました