根回しとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

根回し

「利益の為に根回しする」などのように使う「根回し」という言葉。

「根回し」は、訓読みで「ねまわし」と読みます。

「根回し」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「根回し」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

根回しの意味

「根回し」には次の意味があります。

交渉や会議などで、事をうまく運ぶために、あらかじめ手を打っておくこと。下工作。(出典:デジタル大辞泉)

物事がスムーズに進むように準備をしておく事を言いますが、その準備は個人的な利益を守る為や、非公式な準備である事が多いです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・こういう根回しの要る事務的なことはこの老刑事に頼むのが一番確実だ。
(出典:胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇3 キャリアウーマン』)

・きちんと根回しをして、どこからも後ろ指をさされないように気を使う。
(出典:馳星周『不夜城』)

・いくら人事異動の根回しであるにせよ、少し豪華すぎはしないだろうか。
(出典:吉村達也『丸の内殺人物語』)

・よほどいいバックの根回しがないと、なかなかこの方面には回されない。
(出典:森村誠一『黒い墜落機(ファントム)』)

根回しはかつてはたいへんに重要なものだと思われていた。
(出典:片岡義男『日本語の外へ(下)』)

類語

隠密(おんみつ)
意味:人に悟られないように隠して事を行うこと。(出典:デジタル大辞泉)

裏工作(うらこうさく)
意味:人目に立たないよう、陰で働きかけること。(出典:デジタル大辞泉)

ロビー活動(ロビーかつどう)
意味:政治家に対して行われる各種団体や陳情団などの働きかけ。(出典:デジタル大辞泉)

諜報活動(ちょうほうかつどう)
意味:相手や敵のようすをひそかに探ること。(出典:デジタル大辞泉)

政略(せいりゃく)
意味:物事を有利に展開させるための策略や駆け引き。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました