栞とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

「読みかけのページに栞をはさむ」などのように使う「栞」という言葉。

「栞」は、訓読みで「しおり」と読みます。

「栞」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「栞」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

栞の意味

「栞」には次の意味があります。

読みかけの書物の間に挟んで目印とするもので、ごく簡単な案内や手引などもさす。一般に短冊形が多く、材料には厚紙、薄板、編み糸、布地、皮革、合成樹脂などが用いられる。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

「栞」は「枝折」と表記することもあります。
どちらも「しおり」と読みます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・これを栞りに我れも極楽へと心にや定めけん(出典:樋口一葉『琴の葉』)

・白樺の、女の子の喜びそうなが挟んである(出典:中島敦『狼疾記』)

・かくて胸なる紅くれないの一輪をしおりに、傍かたわらの芍薬しゃくやくの花(出典:泉鏡花『薬草取』)

類語

標柱(ひょうちゅう)
意味:目じるしのために立てる柱。(出典:デジタル大辞泉)

ブックマーク
意味:しおりの意味で、頻繁に訪問するWebページのURLを登録しておくWebブラウザーの機能。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

枝折(しおり)
意味:紙・布・革などで作り、書物の間に挟んで目印とするもの。(出典:デジタル大辞泉)

ガイド
意味:案内すること。また、案内人。特に、登山・観光などにいう。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました