来世とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

来世

「来世は本当にあるのかどうか考える。」などのように使う「来世」という言葉。

「来世」は、音読みで「らいせ」と読みます。

「来世」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「来世」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

来世の意味

「来世」には次の意味があります。

多くの宗教で描かれている死後の世界およびそこでの生活。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

仏教用語として使われるのが一般的です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・さあ誰がその魂を見た、その魂が来世とやらへ行って何をしているんだ。
(出典:中里介山『大菩薩峠』)

・埋葬法は、つまり次章で述べる来世観に大きく左右されるということだ。
(出典:玄侑宗久『死んだらどうなるの?』)

・でも見てしまうとたぶん来世への旅路が待っているので見ないようにする。
(出典:松野秋鳴『えむえむっ! 第2巻』)

来世の幸福を仮定して現実のつまらなさを慰めるのは一つの宗教である。
(出典:西脇順三郎『PROFANUS』)

・それをする勇気のないものは現世にみきりをつけて来世の極楽を望んだ。
(出典:新田次郎『槍ヶ岳開山』)

類語

後世こうせい
意味:自分たちの生きている時代のあとに来る時代。のちの世。(出典:デジタル大辞泉)

冥界みょうかい
意味:死後の世界。あの世。冥途(めいど)。めいかい。(出典:デジタル大辞泉)

幽界ゆうかい
意味:死後に行くという世界。あの世。黄泉(よみ)。冥土(めいど)。(出典:デジタル大辞泉)

桃源郷とうげんきょう
意味:世俗を離れた仙郷、別天地。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

楽土らくど
意味:心配や苦労がなく楽しい生活ができる土地。楽園。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました