書生とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

書生

「書生さん」などのように使う「書生」という言葉。

「書生」は、音読みで「しょせい」と読みます。

「書生」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「書生」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

書生の意味

「書生」には次の意味があります。

・ 学問を身につけるために勉強をしている人。勉学中の若者。学生。(出典:デジタル大辞泉)

主に、大正・明治時代に学生を表す言葉として用いられています。元々は中国から「学修を修める者」という意味で伝わった言葉です。

具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・カブトムシが小さくおりたためることは、書生にきいて知っていました。
(出典:江戸川乱歩『鉄塔の怪人』)

・彼れは響に応じて来れる書生に、婦人同情会規則を持参す可きを命ぜり。
(出典:鳥谷部春汀『明治人物月旦(抄)』)

・先生のお宅へ書生に置いてもらえないかという相談を持ち出したことがある。
(出典:寺田寅彦『夏目漱石先生の追憶』)

・その頃の書生には、こういう湯屋の女と夫婦約束をした人もあった。
(出典:森鴎外『ヰタ・セクスアリス』)

・みちみち本間は彼の家の書生がよく行くという奇妙な家の話をした。
(出典:安岡章太郎『花祭』)

類語

学生がくせい
意味:学問をしている人。現在は普通、高校生以上、特に大学に通って学ぶ者をいう。(出典:精選版 日本国語大辞典)

学徒がくと
意味:学問の研究に従事する人。研究者。学生と生徒。(出典:デジタル大辞泉)

塾生じゅくせい
意味:塾で学ぶ学生・生徒。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました