明眸皓歯とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

明眸皓歯

「明眸皓歯の、気量よい美人」などのように使う「明眸皓歯」という言葉。

「明眸皓歯」は、音読みで「めいぼうこうし」と読みます。

「明眸皓歯」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「明眸皓歯」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

明眸皓歯の意味

「明眸皓歯」には次の意味があります。

美しく澄んだひとみと白く整った歯。美人のたとえにいう。
(出典:デジタル大辞泉)

「明眸」は「目もとがはっきりとして美しいこと」、「歯が白くて綺麗なこと」を意味する二字熟語です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・薔薇いろに頬かゞやかした小作りの明眸皓歯、沢モリノに烈しい恋情をおぼえてゐた。(出典:正岡容『浅草燈籠』)

明眸皓歯、風姿楚々、二十三、四の独身の秘書ステノであったが
(出典:橘外男『雷嫌いの話』)

明眸皓歯とはまさにこの君の御事と思わせられた。
(出典:長谷川時雨『明治美人伝』)

類語

麗人(れいじん)
意味:容姿の美しい女性。美人。佳人。(出典:デジタル大辞泉)

色女(いろおんな)
意味:顔だちのよい女。色気のある女。美女。(出典:デジタル大辞泉)

名花(めいか)
意味:美女、また、名高い芸妓などのたとえ。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました