日光浴とは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

日光浴

健康に良いとされる「日光浴

よく猫などの動物が「日光浴」をしている光景をよく見かけます。

この記事では「日光浴」の意味や使い方について、小説などの用例を紹介しながら、分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

日光浴の意味

乳液には次の意味があります

健康のためからだに日光を浴びること。(出典:デジタル大辞泉)

日光浴」には日光を皮膚にあてることで体内の栄養素を有用なものに変化させたり、全身の免疫力を高める目的で行われます。

しかし、一部の疾病においては「日光浴」は有害である為、注意が必要です。

使い方・例文

・だってあたしは別に家ン中で裸になって日光浴してた訳じゃないんですもん。(出典:橋本治『桃尻娘』)

・山田医師にきくと、日光浴をして熱の出るのは、まだ病的なる由である。(出典:伊藤整『太平洋戦争日記(一)』)

・彼の想像はさういふ人達と同じやうに日光浴をしてゐる裸かの彼自身の姿を描いた。 (出典:堀辰雄『恢復期』)

・しかし田舎にはまた人工的の風呂の代りに美しい自然に囲まれた日光浴場がある。(出典:寺田寅彦『電車と風呂』)

・彼の想像はそういう人達と同じように日光浴をしている裸かの彼自身の姿を描いた。(出典:堀辰雄『恢復期』)

タイトルとURLをコピーしました