既存とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

既存

「既存の契約」などのように使う「既存」という言葉。

「既存」は、音読みで「きそん」と読みます。

「既存」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「既存」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

既存の意味

「既存」には次の意味があります。

・すでにあること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

漢字が表す通りの意味で「すでに存在していること」を表す言葉です。

パソコンで「きぞん」と打つと「既存」と変換されますが、本来は「きそん」が正しい読み方になります。
ただ、世論調査の結果から「きぞん」の読みが一般化しているため、辞書やパソコンでも「きぞん」と表示されるようになりました。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

既存の使い方・例文

・そこで既存ディーラーに再投資させる目的で第二販売網の新設を考えた。
(出典:佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(下)』)

・わざわざ既存の神社に行かずとも、俺など一晩中拝み続ける自信があるぞ。
(出典:谷川流『6 涼宮ハルヒの動揺』)

・どんなに急いでも、既存のコンピュータでは、処理速度が追いつかない。
(出典:葉山透『9S<ナインエス> 第1巻』)

・年下の技術者たちをよく指導し既存の研究員たちにも一目置かれている。
(出典:林亮介『和風Wizardry純情派 2』)

類語

・現存(げんぞん)
意味:現在、実際にあること。現実に存在していること。(出典:デジタル大辞泉)

・所在(しょざい)
意味:あること。存在すること。また、それがある所。ありか。すみか。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・既出(きしゅつ)
意味:すでに示されていること。(出典:デジタル大辞)

・前述(ぜんじゅつ)
意味:前に述べたこと。既述。先述。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました