断腸の思いとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

断腸の思い

「断腸の思いで辞退する」などのように使う「断腸の思い」という言葉。

「断腸の思い」は、音読みで「だんちょうのおもい」と読みます。

「断腸の思い」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「断腸の思い」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

断腸の思いの意味

「断腸の思い」には次の意味があります。

はらわたがちぎれるほど、悲しくつらい思い。(出典:デジタル大辞泉)

「断腸の思い」をわかりやすく言うと、「腸を切断されるような痛み」という意味となり、尋常でないほどの辛さを表します。
選択を迫られた時の心理的な辛さや悲しみを表現する際に使われることが多い言葉です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・彼は病に苦しんでる子供を見ると、断腸の思いがして堪えられなかった。
(出典:ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』)

・みんながなにかしら断腸の思いをこの世に残して死んでいる。
(出典:阿刀田高『三角のあたま』)

・賢三がまるで「断腸の思い」とでもいうような深刻な表情をしていたからだ。
(出典:大槻ケンヂ『グミ・チョコレート・パイン チョコ編』)

・かれも、それを思いこれを思う時は、凡智の男になって断腸の思いがするのだ。
(出典:吉川英治『鳴門秘帖』)

・だが、断腸の思いに耐えていたのは、彼女のほうだったはずだ。
(出典:安部龍太郎『戦国秘譚 神々に告ぐ(上)』)

類語

胸が塞がるむねがふさがる
意味:不安や心痛などで胸が詰まるように 感じる。(出典:デジタル大辞泉)

胸が痛むむねがいたむ
意味:心に苦痛を感じる。(出典:デジタル大辞泉)

身を切られるみをきられる
意味:つらさや寒さが厳しく、からだを切る ように感じられる。(出典:デジタル大辞泉)

心の置き所なしこころのおきばなし
意味:心がどうしようもないほどせつなく苦しい。(出典:精選版 日本国語大辞典)

悲嘆ひたん
意味: 悲しみなげくこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました