断捨離とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

断捨離

「週末に断捨離をする」などのように使う「断捨離」という言葉。

「断捨離」は、音読みで「だんしゃり」と読みます。

「断捨離」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「断捨離」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

断捨離の意味

「断捨離」には次の意味があります。

モノへの執着を捨て不要なモノを減らすことにより、生活の質の向上・心の平穏・運気向上などを得ようとする考え方のこと。断捨離はヨガの「断行・捨行・離行」から生まれた言葉で、「断」は入ってくる要らないモノを断つこと、「捨」は家にあるガラクタを捨てること、「離」はモノへの執着から離れることを表す。(出典:知恵蔵mini)

この言葉を提案した、やましたひでこさんや近藤麻理恵さんの活躍により、最近では「断捨離をする」=「片付ける」と把握している人が多いのではないでしょうか。
なお、「断捨離」は、やましたひでこさんの登録商標となっています。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・定期的に断捨離をすることで、きれいな部屋を保てている。

断捨離を始めてから、物を大切に扱うようになった。

・物に対してだけでなく、人間関係を断捨離する人もいる。

スポンサーリンク

類語

清算せいさん
意味:これまでの関係・事柄に結末をつけること。(出典:デジタル大辞泉)

手放すてばなす
意味: 自分が所有しているものを他人に売ったり与えたりする。 (出典:大辞林 第三版)

省くはぶく
意味:(余分なものを)取り除いて少なくする。(出典:大辞林 第三版)

整理せいり
意味:乱れた状態にあるものを整えて、きちんとすること。(出典:デジタル大辞泉)

一掃いっそう
意味:一度にきれいに片付けてしまうこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました