料金とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

料金

「通話料金」などのように使う「料金」という言葉。

「料金」は、音読みで「りょうきん」と読みます。

「料金」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「料金」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

料金の意味

「料金」には次の意味があります。

・何かを使用または利用したことに対して支払う金銭。運輸機関では、運賃とは別に支払われる、グリーン車・寝台などの使用代金をいう。(出典:デジタル大辞泉)

「通話料金」は「通話を利用することに対して支払う金銭」という意味です。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

料金は前金でもらっているからこうして放置してしまっているのだった。
(出典:林亮介『和風Wizardry純情派 2』)

・桐原が料金を払って契約が成立すると、女子社員が彼を車まで案内した。
(出典:深谷忠記『タイム』)

・酒類販売免許を持っていないという理由でラム酒の分の料金は取らない。
(出典:縞田理理『霧の日にはラノンが視える3』)

・これまでの経験から、料金面でいちばん納得できるのは中国クラブである。
(出典:吾妻博勝『新宿歌舞伎町 新・マフィアの棲む街』)

・読みもしないのに持って行かれ、料金を払うぐらいしゃくなことはない。
(出典:星新一『きまぐれ博物誌・続』)

類語

・代金(だいきん)
意味:品物の買い手が売り手に支払う金。代価。(出典:デジタル大辞泉)

・勘定(かんじょう)

意味:代金を支払うこと。また、その代金。(出典:ジタル大辞泉)

・会計(かいけい)
意味:代金の支払い。勘定。(出典:デジタル大辞泉)

・精算(せいさん)
意味:金額などをこまかく計算すること。特に、料金などの過不足を計算しなおすこと。(出典:デジタル大辞泉)

・手数料(てすうりょう)
意味:手数をかけたことに対する報酬として支払う金銭。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました