政界とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

政界

「政界復帰」などのように使う「政界」という言葉。

「政界」は、音読みで「せいかい」と読みます。

「政界」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「政界」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

政界の意味

「政界」には次の意味があります。

政治にたずさわる者の社会。(出典:デジタル大辞泉)

政界をわかりやすくいうと、「政治家の社会(世界)」です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

政界での身のこなし方の巧妙な政治家というのが、棟居の印象であった。
(出典:森村誠一『新・人間の証明(下)』)

・四十五歳を過ぎたばかりの彼は、政界からの引退を余儀なくさせられた。
(出典:カー/宇野利泰訳『帽子蒐集狂事件』)

・反戦運動とは別に、政界有力者の間で戦争への不安を洩らす者はあった。
(出典:保阪正康『東條英機と天皇の時代(下) 日米開戦から東京裁判まで』)

・そしてその金か政界に流れこんだり、企業の裏金になったりするんだ。
(出典:村上春樹『国境の南、太陽の西』)

・東京の街のことも、映画のことも、政界の動きも、何も知らなかった。
(出典:石川達三『青春の蹉跌』)

類語

官界(かんかい)
意味:役人の社会。(出典:精選版 日本国語大辞典)

財界(ざいかい)
意味:政治や社会に対して影響力をもつ、大企業を中心とする実業家や金融業者の世界。(出典:精選版 日本国語大辞典)

法曹界(ほうそうかい)
意味:法律家の社会。(出典:精選版 日本国語大辞典)

業界(ぎょうかい)
意味:同一の産業や商業などに従事する人々の社会。(出典:精選版 日本国語大辞典)

角界(かくかい)
意味:相撲の社会。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました