改廃とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

改廃

「規則を改廃する」などのように使う「改廃」という言葉。

「改廃」は、音読みで「かいはい」と読みます。

「改廃」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「改廃」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

改廃の意味

「改廃」には次の意味があります。

法律や規則などを改正したり、廃止したりすること。(出典:デジタル大辞泉)

言い換えると、「改廃」は「主にルールについて、改めたりやめたりすること」を表します。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

改廃の令はしきりに出たが、その精神と実績は少しも生きて応えて来ない。
(出典:吉川英治『大岡越前』)

・それに伴い、竜穴なども改廃せざるを得ませんでした。
(出典:貴志祐介『新世界より』)

・辞句にはもちろん次々の改廃はあろうが、今でも土地にはまだその記憶が残っているかもしれない。
(出典:柳田国男『海上の道』)

・それで同心個人の感情で岡っ引を改廃させることはできない。
(出典:松本清張『鬼火の町 新装版』)

・法律は時代の必要によって、改廃せられる。
(出典:蜷川新『天皇』)

類語

改正かいせい
意味:不適当なところや、不備な点を改めること。主に、規則・規約・法令などについて使う。(出典:デジタル大辞泉)

廃止はいし
意味:やめて行わないこと。(出典:デジタル大辞泉)

再編さいへん
意味:編成しなおすこと。再び編成すること。再編成。(出典:精選版 日本国語大辞典)

改編かいへん
意味:一度編成したものを組み立て直すこと。(出典:デジタル大辞泉)

改装かいそう
意味:建物の内部や外の構えを直すこと。模様替え。新装。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました