摂食障害とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

摂食障害

「摂食障害患者」などのように使う「摂食障害」という言葉。

「摂食障害」は、音読みで「せっしょくしょうがい」と読みます。

「摂食障害」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「摂食障害」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

摂食障害の意味

「摂食障害」には次の意味があります。

食事の量や食べ方など、食事に関連した行動の異常が続き、体重や体型のとらえ方などを中心に、心と体の両方に影響が及ぶ病気(出典:厚生労働省)

代表的なものとして過食症、拒食症があります。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

摂食障害に陥った十代の子が、猛烈な勢いで食べたりするのと似ていた。
(出典:池上永一『レキオス』)

・私は摂食障害になった人の気持ちが、少しだけわかるような気がした。
(出典:林真理子『美女入門 PART3』)

・と思っていたら、事実彼女らには、摂食障害の過去があるという。
(出典:松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』)

・とりわけ井本は、現在もなお摂食障害であった頃と同じような環境にい続けているのではないかとも思ったりする。
(出典:松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』)

・自分の生い立ちについて完全に忘れ、ずっと摂食障害とPTSDに苦しんでいた人生の記憶に修正を加えてしまっていたんだから。
(出典:松岡圭祐『千里眼 美由紀の正体 下』)

類語

神経性無食欲症(しんけいせいむしょくよくしょう)
意味:やせようとして、あるいは太ることをおそれて厳しい食事制限をしているうちに、食欲が極度に減退して著しくやせる病気。(出典:デジタル大辞泉)

神経性大食症(しんけいせいたいしょくしょう)
意味:過食症(出典:デジタル大辞泉)

過食症(かしょくしょう)
意味:過食が慢性化した病的な状態.食行動の異常の一つで,食欲が異常に亢進する症状(出典:栄養・生化学辞典)

過食(かしょく)
意味:食べ過ぎること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

異食症(いしょくしょう)
意味:本来の食物でないものを嗜好して摂取する状態(出典:栄養・生化学辞典)

タイトルとURLをコピーしました