抜群とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

抜群

「抜群の成績」などのように使う「抜群」という言葉。

「抜群」は、音読みで「ばつぐん」と読みます。

「抜群」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「抜群」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

抜群の意味

「抜群」には次の意味があります。

多くの中で、特にすぐれていること。ぬきんでていること。
(出典:デジタル大辞泉)

「群を抜く」という言葉がありますが、「群」は多くのものが集まったさま、それを「抜く」、つまりその上位になることを表した二字熟語になります。
「抜群」には「程度がはなはだしいさま」という意味もありますが、現在ではあまり使いません。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・彼は三人のうちでも、職人的な作業に関しては抜群に優れているのだ。
(出典:定金伸治『ユーフォリ・テクニカ王立技術院物語』)

・「でも、お天気は抜群にいいのよね」 空を見上げながら、彼女は続けた。
(出典:田中康夫『昔みたい』)

・わしの見たうちでもその中で抜群のお女中が三人あったな。
(出典:山田風太郎『忍法流水抄』)

・だがあの当時は、英雄たちの間でも私は抜群の者だった。
(出典:ホメロス/呉茂一訳『イリアス(下)』)

・その中で、一人だけ群を抜いても何の得もないと云うのが抜群無益です。
(出典:京極夏彦『鉄鼠の檻』)

・おまけに遮音性が抜群で、ドーム内の音はこれっぽっちも漏れてこない。
(出典:中井拓志『アリス Alice in the right hemisphere』)

スポンサーリンク

類語

傑出けっしゅつ
意味:大勢の中で、ぬきんでてすぐれていること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

出色しゅっしょく
意味:他より特にすぐれていること。きわだって見えること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

格別かくべつ
意味:普通の場合とは程度・事柄が違っていること。格段の違いがあるさま。特別。(出典:デジタル大辞泉)

卓出たくしゅつ
意味:衆にすぐれてぬきん出ること。傑出すること。( 出典:精選版 日本国語大辞典)

精良せいりょう
意味:こまかに行き届いてすぐれていること。すぐれてよいこと、いちばんよいもの。(出典:精選版 日本国語大辞典)

上等じょうとう
意味:物などの状態、性質、品質、また、品性などが優れていること。立派なこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

超凡ちょうぼん
意味:普通よりはるかにすぐれていること。(出典:デジタル大辞泉)

絶類ぜつるい
意味:他に類を見ないほどすぐれていること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました