抜山蓋世とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

抜山蓋世

「抜山蓋世の雄」などのように使う「抜山蓋世」という言葉。

「抜山蓋世」は、音読みで「ばつざんがいせい」と読みます。

「抜山蓋世」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「抜山蓋世」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

抜山蓋世の意味

「抜山蓋世」には次の意味があります。

山を抜き取るほどの力と、世をおおいつくすほどの気力があること。英雄豪傑の力と意気の形容。
(出典:デジタル大辞泉)

「抜山」は「山を引き抜くこと」、「蓋世」は「世をおおいつくすこと」を意味する二字熟語です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

抜山蓋世の英雄をすら、掌中に籠ろうするならずや(出典:泉鏡花『醜婦を呵す』)

抜山蓋世の勇士も忽ち餓鬼畜生に変ずる。
(出典:谷崎潤一郎『武州公秘話』)

類語

勃々(ぼつぼつ)
意味:物事が勢いよくわき起こるさま。(出典:デジタル大辞泉)

旺盛(おうせい)
意味:活動力が非常に盛んであること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

軒昂(けんこう)
意味:意気が高く上がるさま。奮い立つさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました