投資とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

投資

「株式に投資」などのように使う「投資」という言葉。

「投資」は、音読みで「とうし」と読みます。

「投資」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「投資」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

投資の意味

「投資」には次の意味があります。

利益を得る目的で、事業・不動産・証券などに資金を投下すること。転じて、その将来を見込んで金銭や力をつぎ込むこと。(出典:デジタル大辞泉)

「投資」はもともと金融用語ですが、転じて、金融以外のことについて将来成長が見込めるものにお金や力を投じることも指します。
似た言葉の「投機」との違いは、「投機」が価格の変動のみに着目するのに対して、「投資」は価格の変動だけではなく、長期的にその事業を支援するなどの意味も含む、という違いがあります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・あなたの財産は、イギリス政府の公債に投資してありますから安全です。
(出典:シャーロット・ブロンテ/大井浩二訳『ジェイン・エア(下)』)

・もともと宇宙開発というのは極めて回収のおそい投資だった。 投資の効果があらわれるまでに早くて百年、二百年の年月を必要とする。
(出典:光瀬龍『東キャナル文書』)

・政府も財政に余裕があれば積極的に補助金制度を作って投資に乗り出すべきだ。
(出典:小浜逸郎『正しい大人化計画 ―若者が「難民」化する時代に』)

・世の親たちは自分の楽しみにかける費用を削ってでも子に投資しようとしている。
(出典:竹内久美子『そんなバカな! 遺伝子と神について』)

・たとえ勝利の可能性が半分以下でも先行投資のつもりで金を出すかもしれない。
(出典:沢木耕太郎『一瞬の夏』)

スポンサーリンク

類語

出資(しゅっし)
意味:資金を出すこと。特に、事業を営むための資金として、金銭その他の財産または労務・信用を会社または組合にだすこと。(出典:デジタル大辞泉)

投入(とうにゅう)
意味:事業などに資金・労力などを注ぎこむこと。(出典:デジタル大辞泉)

インベストメント
意味:投資。出資。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました