承認とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

承認

「正式に承認する」などのように使う「承認」という言葉。

「承認」は、音読みで「しょうにん」と読みます。

「承認」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「承認」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

承認の意味

「承認」には次の意味があります。

他人の行為に対して肯定的意志を表示すること。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

「ある事が正当・事実であると認めること」を表す意味があり、主にビジネスで正しいと判断するとき場面に使う言葉です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・それに彼女は民間協力者として、正式な承認と評価を得ているんだぞ。
(出典:冲方丁『マルドゥック・スクランブル The Third Exhaust 排気』)

・つまり僕の言ったことが本当だってことを承認してるんじゃないか?
(出典:中山省三郎『カラマゾフの兄弟』)

・すなわち歴史以前の悲劇のその他の場面も承認を迫ってきたのである。
(出典:フロイト/渡辺哲夫訳『モーセと一神教』)

・誰もが自分のしたい仕事を申しでて、承認されようと切磋琢磨せつさたくましている。
(出典:松岡圭祐『千里眼の教室』)

類語

是認(ぜにん)
意味:よいとして認めること。そうであると認めること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

お墨付き(おすみつき)
意味:権力・権威のある人の与える保証。(出典:デジタル大辞泉)

賛同(さんどう)
意味:他人の意見などをよしとして同意すること。賛成。(出典:精選版 日本国語大辞典)

許可(きょか)
意味:願いを聞き届け、ある行為・行動を許すこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました