手軽とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

手軽

「手軽なレシピ」などのように使う「手軽」という言葉。

「手軽」は、訓読みで「てがる」と読みます。

「手軽」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「手軽」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

手軽の意味

「手軽」には次の意味があります。

手数がかからず、簡単なさま。(出典:デジタル大辞泉)

「手軽」をわかりやすくいうと、難しさがなく手間もかからないという意味になります。何かをしようとしたときに、作業が少なくて複雑さがないということをあらわす言葉です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・川はこの辺の子供にとって手軽な遊び場だった。
(出典:有川浩『空の中』)

・教室所属の図書室の便利なのは、量はともかく、必要な情報が手軽に手に入るという点であろう。
(出典:養老孟司『脳の見方』)

手軽さが売りのこの食べ物は、現場の状況を考えるに最適の選択であるとは思う。
(出典:雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス10 コンプレックス・デイズ』)

・私がたったひとりで、今日中に決着できるものすごくお手軽な方法です。
(出典:竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 7 皆殺し編』)

・ぼくの考えでは、彼は手軽に近所の薬局から買ったに違いないからね。
(出典:松本清張『火と汐』)

類語

安易あんい
意味:わけなくできること。たやすいさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

簡単かんたん
意味:時間や手数がかからないこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

単簡たんかん
意味:単純でわかりやすいこと。また、そのさま。あっさりしていて手数のかからないさま。簡単。(出典:精選版 日本国語大辞典)

易しいやさしい
意味:解決や実現がたやすい。面倒なことがなく、容易である。(出典:デジタル大辞泉)

容易ようい
意味:たやすいこと。やさしいこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました