戒律とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

戒律

「戒律を守る」などのように使う「戒律」という言葉。

「戒律」は、音読みで「かいりつ」と読みます。

「戒律」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「戒律」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

戒律の意味

「戒律」には次の意味があります。

一般に、信者が信仰生活において守るべき規律・規則。(出典:デジタル大辞泉)

「戒律」は、もともと仏教用語であり、「戒」は「良い習慣」や「道徳的行為」、「律」は「修行僧の守るべき規則」を意味する言葉です。
現在では様々な宗教について「戒律」という言葉が使われます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・比丘の二百五十戒、比丘尼の三百四十八戒というように厳しい戒律があります。
(出典:大川隆法『悟りの挑戦』下巻)

・とりわけ俺たち冒険者にとっては、この戒律は重大な意味を持っている。
(出典:ベニー松山『風よ。龍に届いているか(上)』)

・彼らは戒律を非常に重視しますし、原則、妻帯もしない人たちです。
(出典:大川隆法『悟りの挑戦』下巻)

・この世界に生活する者たちは、大きく分けて二つの戒律を持っている。
(出典:ベニー松山『隣り合わせの灰と青春』)

・私は真実の意味において戒律を生かしたいと思っているものである。
(出典:倉田百三『愛と認識との出発』)

スポンサーリンク

類語

教義(きょうぎ)
意味:ある宗教・宗派が真理と認めている教えの内容・体系。ドグマ。教理。(出典:デジタル大辞泉)

規律(きりつ)
意味:人の行為の基準として定められたもの。おきて。(出典:デジタル大辞泉)

法令(ほうれい)
意味:法律と命令。また、条例や規則などを含めることもある。(出典:デジタル大辞泉)

法則(ほうそく)
意味:守らなければならない決まり。規則。おきて。(出典:デジタル大辞泉)

原則(げんそく)
意味:多くの場合に共通に適用される基本的なきまり・法則。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました