成就とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

成就

「恋愛成就」などのように使う「成就」という言葉。

「成就」は、音読みで「じょうじゅ」と読みます。

「成就」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「成就」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

成就の意味

「成就」には次の意味があります。

願いなどのかなうこと。物事が望んだとおりに完成すること。(出典:大辞林 第三版)

「恋愛成就」は「恋愛がうまくいく。両想いになる。」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ナイル河上流の何とかっていう部族に伝わる、恋愛成就のおまじない。
(出典:山本弘『妖魔夜行 私は十代の蜘蛛女だった』)

・大義を成就させるという緊張が、疼きとなってあらわれているのである。
(出典:冲方丁『光圀伝』)

・思いの深さに苦笑されているかもしれないが、この恋愛は成就したと思っている。
(出典:阿久悠『瀬戸内少年野球団』)

・きみがとりかかった仕事は、とうてい成就し得っこないだろうからな。
(出典:バローズ『火星シリーズ06 火星の交換頭脳』)

・首尾よく事を成就させるにはこんな無鉄砲なやりかたが必要であつた。
(出典:リラダン『殘酷物語』)

・しかしながらこの迷信からの解放は今成就されんとしつつあるように見える。
(出典:有島武郎『宣言一つ』)

スポンサーリンク

類語

遂行すいこう
意味:任務や仕事をやりとげること。(出典:デジタル大辞泉)

達成たっせい
意味: 目的を果たすこと。 (出典:デジタル大辞泉)

完遂かんすい
意味:完全に成し遂げること。(出典:デジタル大辞泉)

貫徹かんてつ
意味:意志・方針・考え方などを貫き通すこと。(出典:デジタル大辞泉)

入眼じゅがん
意味:なしとげること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました