憂慮とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

憂慮

「将来について憂慮する」などのように使う「憂慮」という言葉。

「憂慮」は、音読みで「ゆうりょ」と読みます。

「憂慮」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「憂慮」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

憂慮の意味

「憂慮」には次の意味があります。

心配すること。思いわずらうこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「憂慮」をわかりやすく言うと、良くない方向で考えたり不安になったりすることです。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・「全員救助」の情報は、憂慮していた乗客の家族を一時よろこばせた。
(出典:松本清張『日本の黒い霧(上)』)

・一拍遅れて、風巣へ着いた的場隊から、はなはだ憂慮すべき報告がきた。
(出典:森村誠一『黒い墜落機(ファントム)』)

・その憂慮が意思として汲み取られ、結果として執行されただけのこと。
(出典:竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 5 目明し編』)

・一先輩は、私のからだを憂慮して、酒をあまり用いぬように忠告した。
(出典:太宰治『春の盗賊』)

・彼の心には、今のところなんの不安もなければ憂慮も存在していなかった。
(出典:菊池寛『青木の出京』)

スポンサーリンク

類語

懸念けねん
意味:気がかりに思うこと。心配すること。また、気がかり。心配。けねん。(出典:)

心配しんぱい
意味:物事の先行きなどを気にして、心を悩ますこと。また、そのさま。気がかり。(出典:)

危惧きぐ
意味:あやぶみ、おそれること。危懼(きく)。(出典:デジタル大辞泉)

憂いうれい
意味:予測される悪い事態に対する心配・気づかい。うれえ。(出典:デジタル大辞泉)

杞憂きゆう
意味:心配する必要のないことをあれこれ心配すること。取り越し苦労。杞人の憂え。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました