慣行とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

慣行

「慣行的に農薬が使われている」などのように使う「慣行」という言葉。

「慣行」は、音読みで「かんこう」と読みます。

「慣行」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「慣行」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

慣行の意味

「慣行」には次の意味があります。

・古くからのならわしとして行なわれること。また、ふだん習慣として行なうこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「慣行」とは、事業や企業団体の昔からの習慣を指す言葉です。また、広く社会的な習慣の意味でも使うことができます。また、慣行とは時代の変化に応じて変わっていくべきものでもあります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・事件の性質上、こういう重大な議題は評定所にかけられる慣行であった。
(出典:野口武彦『忠臣蔵 ― 赤穂事件・史実の肉声』)

・附け火はすべて死罪をもって罰せられるのが当時の慣行だったからである。
(出典:辻邦生『天草の雅歌』)

・だが、儀礼的慣行の基礎は、その手本を提供する階級の性向なのである。
(出典:ヴェブレン/高哲夫訳『有閑階級の理論 ―制度の進化に関する経済学的研究』)

・しかし、この慣行は本来の目的とは逆の方向に働くことがしばしばあるということだ。
(出典:ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書1』)

・アデールは警察に連れて行かれ、当時の慣行に従って登録された。
(出典:ヴィドック/三宅一郎訳『ヴィドック回想録』)

類語

・慣例(かんれい)
意味:繰り返し行われて習慣のようになった事柄。(出典:デジタル大辞泉)

・常例(じょうれい)
意味:いつものきまったやり方。いつもきまってすること。(出典:デジタル大辞泉)

・定例(ていれい)
意味:以前からの定まったやり方。(出典:デジタル大辞泉)

・慣習(かんしゅう)
意味:ある社会で古くから受け継がれてきている生活上のならわし。(出典:デジタル大辞泉)

・伝統(でんとう)
意味:古くからの、しきたり・様式・傾向・思想・血筋など、有形無形の系統をうけ伝えること。また、うけついだ系統。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました