感触とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

感触

「感触を得る」などのように使う「感触」という言葉。

「感触」は、音読みで「かんしょく」と読みます。

「感触」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「感触」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

感触の意味

「感触」には次の二つの意味があります。

1 外界の物事に触れて心に感じること。
2 手や肌に触れた感じ。手ざわり。肌ざわり。(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

感触の意味①「外界の物事に触れて心に感じること。」

「感触」の一つ目の意味は「外界の物事に触れて心に感じること。」です。

ぼんやりとした感情を表す際によく使われます。
また、会議などの手ごたえとして「良い感触だった」のように使われることもあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・だがそれでも、なにかが心に突き刺さっているような、異様な感触がある。
(出典:上遠野浩平『わたしは虚夢を月に聴く 校正6-3-15』)

・足許の砂が崩れて行く何とも言えない不安な感触が思い出されて来る。
(出典:井上靖『崖(下)』)

・夜の闇色と感触がずしんと深まつてゐて、今はまるで海のやうだ。
(出典:原民喜『魔のひととき』)

・以来数十年、この手がそんな幼い時の感触を純粋に残しているはずがない。
(出典:外村繁『澪標』)

類語

気配(けはい)
意味:はっきりとは見えないが、漠然と感じられるようす。(出典:デジタル大辞泉)

気味(きみ)
意味:ある事態や物事から受ける感じ。また、その感じた気持ち。(出典:)

様子(ようす)
意味:物事の起きそうなけはい。兆候。(出典:デジタル大辞泉)

印象(いんしょう)
意味:人間の心に対象が与える直接的な感じ。また、強く感じて忘れられないこと。(出典:デジタル大辞泉)

感触の意味②「手や肌に触れた感じ。手ざわり。肌ざわり。」

「感触」の二つ目の意味は「手や肌に触れた感じ。手ざわり。肌ざわり。」です。

この場合は、実際に五感で感じ取った感覚を表す際に使われます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・電気を消してからは、よりいっそう相手の肌の感触が濃密に感じられた。
(出典:乾くるみ『イニシエーション・ラブ』)

・息をするたびに触れたり離はなれたりする、その布の感触さえ心地よかった。
(出典:上橋菜穂子『獣の奏者 III 探求編』)

・ナイフの金属部分が革と擦れる、キュッという感触が手に伝わって来た。
(出典:乾くるみ『Jの神話』)

・皮膚上を撫でる彼らの感触にはそれぞれ特徴があった。
(出典:乙一『さみしさの周波数』)

類語

触感(しょっかん)
意味:物に触れたとき手や肌で受ける感じ。感触。(出典:デジタル大辞泉)

手触り(てざわり)
意味:手でさわったときの感じ。手に受ける感触。(出典:デジタル大辞泉)

体感(たいかん)
意味:からだで感じること。また、からだが受ける感じ。(出典:デジタル大辞泉)

肌触り(はだざわり)
意味:肌に触れたときに受ける感じ。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました