感嘆とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

感嘆

「感嘆の声を上げる」などのように使う「感嘆」という言葉。

「感嘆」は、音読みで「かんたん」と読みます。

「感嘆」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「感嘆」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

感嘆の意味

「感嘆」には次の意味があります。

感心してほめたたえること。感じ入ること。(出典:デジタル大辞泉)

「感嘆」は、「感心し、ほめる」という意味で使われることがほとんどですが、「嘆き悲しむ」という意味もあります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・美しい風景を見て、まるで絵のようだと感嘆するのはよくあることである。
(出典:堀淳一『物理の風景―数理物理学者の見た世界』)

・死への恐怖はもちろん感じていたのだが、同時に王女の腕前に感嘆した。
(出典:茅田砂胡『デルフィニア戦記 第06巻 「獅子の胎動」』)

・あの難問を解いた者がいたことに評定所の役人たちが感嘆の声をあげる。
(出典:池上永一『テンペスト1 若夏の巻』)

・少なくともそれは、この元気のいい子供に対する深い感嘆の念ではあった。
(出典:ジョン・ヴァーリイ『バービーはなぜ殺される』)

・その女性が店にはいって行くと、感嘆のささやき声が彼女を迎えました。
(出典:デュマ・フィス/石川登志夫訳『椿姫』)

スポンサーリンク

類語

歎美たんび
意味:感心してほめること。(出典:デジタル大辞泉)

賞賛しょうさん
意味:ほめたたえること。称賛。 (出典:大辞林 第三版)

三嘆さんたん
意味:感心して何度もほめること。心底から感心すること。(出典:大辞林 第三版)

尊敬そんけい
意味:その人の人格をとうといものと認めてうやまうこと。(出典:デジタル大辞泉)

驚嘆きょうたん
意味:すばらしい出来事や、思いも及ばない物事に接して、おどろき感心すること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました