意図とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

意図

「相手の意図をくむ」などのように使う「意図」という言葉。

「意図」は、音読みで「いと」と読みます。

「意図」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「意図」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

意図の意味

「意図」には次の意味があります。

・ ある目的をもって、何か事をしよう、実現しようとすること。また、その目的、ねらい。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「意図」の「意」は心の中の思いや気持ちを意味し、「図」は思いはかることを意味するので、「意図」は何か事をしようと心の中で考えをめぐらすことを指します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・やっと出てきた言葉は、滋子自身が意図した以上に感情的なものだった。
(出典:宮部みゆき『模倣犯 下』)

・居住者に出来る限りの幸福を与えるような、便益さが意図されるだろう。 
(出典:豊島与志雄『文学精神は言う』)

・相手が意図的に切ったのか、通信システムが落ちたのかはよくわからない。 
(出典:ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』)

・だが、佐山はこちらの速度についてきて、こちらの意図を理解していた。
(出典:川上稔『AHEADシリーズ 07 終わりのクロニクル③〈下〉』)

・静信が意図を量りかねて定市の顔を見ると、定市は何に対してか頷いた。
(出典:小野不由美『屍鬼(上)』)

類語

・意企(いき)
意味:計画すること。たくらむこと。(出典:デジタル大辞泉)

・目指す(めざす)
意味:到達・達成の目標とする(出典:デジタル大辞泉)

・志向(しこう)
意味:意識が一定の対象に向かうこと。考えや気持ちがある方向を目指すこと。指向。(出典:デジタル大辞泉)

・狙う(ねらう)
意味:ある事柄を目標に置く。それを目標としてめざす。(出典:デジタル大辞泉)

・目当て(めあて)
意味:心の中で目指しているもの。行動のねらい。目的。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました