情報弱者とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

情報弱者

「情報弱者にならないために」などのように使う「情報弱者」という言葉。

「情報弱者」は、音読みで「じょうほうじゃくしゃ」と読みます。

「情報弱者」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「情報弱者」の意味や使い方や類語について、用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

情報弱者の意味

「情報弱者」には次の意味があります。

マスコミ報道やインターネットなどに触れる機会が少なく、情報の入手において不利な環境にいる人。また、情報の価値や真偽の判断に慣れていない人。(出典:デジタルデバイド)

わかりやすく言えば「情報に疎い人」という意味です。
現代社会ではデジタル化が急激に進んでおり、デジタル社会についていくことができず取り残される人が多く存在します。
そのような人を情報弱者と呼び、「情弱」と略されることもあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・情報化社会に取り残された情報弱者の増加は、国益の低迷にも繋がる。

情報弱者を減らすことにより、情報格差も減らすことが可能だ。

情報弱者は情弱と略されるが、精神的に弱いという意味ではない。

スポンサーリンク

類語

情弱(じょうじゃく)
意味:「情報弱者(じょうほうじゃくしゃ)」の略。(出典:デジタル大辞泉)

疎い(うとい)
意味:そのことについての知識や理解が不十分である。(出典:デジタル大辞泉)

無知(むち)
意味:知らないこと。知識がないこと。(出典:デジタル大辞泉)

テクノフォビア
意味:科学技術恐怖症。

タイトルとURLをコピーしました