悲愴とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

悲愴

「悲愴感が漂う」などのように使う「悲愴」という言葉。

「悲愴」は、音読みで「ひそう」と読みます。

「ひそう」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「悲愴」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

悲愴の意味

「悲愴」には次の意味があります。

・悲しく痛ましいこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

同じ読み方で「悲壮」という言葉がありますが、こちらの意味は「悲しい中でも立派でいること」で、若干違う意味を持ちます。
どちらも「悲しい様子を表す言葉」ですが、区別するようにしましょう。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・この間までの悲愴な感じはどこに置いてきてしまったのだろう。
(出典:山本文緒『眠れるラプンツェル』)

・激情的であるから、当人は一時的に悲愴であるが、同時に冷静でもある。
(出典:坂口安吾『街はふるさと』)

悲愴感を表にだしこそしないが、いつだって彼女の内面は悲愴なのだ。
(出典:森瑤子『恋愛関係』)

・泣きべそをかいた悲愴な顔は、嘘をついているようには見えない。
(出典:山本兼一『狂い咲き正宗 刀剣商ちょうじ屋光三郎』)

・何か不安の渦まくような「悲愴」の曲が、まだ陽子の体の中に鳴っていた。
(出典:三浦綾子『続・氷点』)

スポンサーリンク

類語

・憂愁(ゆうしゅう)
意味:うれえ悲しむこと。気分が晴れず沈むこと。(出典:デジタル大辞泉)

・悲しい・哀しい(かなしい)
意味:心が痛んで泣きたくなるような気持ちだ。つらく切ない。(出典:デジタル大辞泉)

・心悲しい(こころかなしい)
意味:なんとなく悲しい。もの悲しい。(出典:デジタル大辞泉)

・痛ましい(いたましい)
意味:見ていられないほどにかわいそうだ。痛々しい。(出典:大辞林 第三版)

・悲痛(ひつう)
意味:あまりに悲しくて心が痛むこと。また、そのさま(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました