必須とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

必須

「必須の条件」などのように使う「必須」という言葉。

「必須」は、音読みで「ひっす」「ひっしゅ」「ひっすう」と読みます。

「必須」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「必須」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

必須の意味

「必須」には次の意味があります。

必ず用いるべきこと。必ず要ること。なくてはならないこと。また、そのさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「必須の条件」は「必ず必要な条件」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・赤道に近いということは必須条件ではありませんが、役に立つことです。
(出典:ハインライン『月は無慈悲な夜の女王』)

・このFクラスで鉄人に目を付けられている男子生徒には必須の技術だ。
(出典:井上堅二『バカとテストと召喚獣 06』)

・RPGには必須と思われていた〈魔法〉の要素は大胆に排除されていた。
(出典:九里史生『SAO Web 01』)

・たいていが大会社の一人娘という浅女においては必須とも言える科目だ。
(出典:奈須きのこ『歌月十夜 03 宵待閑話』)

・日本の義務教育ではほぼ必須であるから、少なくともかじったことはある。
(出典:米原万里『ガセネッタ&シモネッタ』)

類語

所要しょよう
意味:あることをするのに必要とすること。必要とされるもの。(出典:デジタル大辞泉)

不可欠ふかけつ
意味: なくてはならないこと。 (出典:デジタル大辞泉)

肝要かんよう
意味:非常に大切なこと。(出典:デジタル大辞泉)

必需ひつじゅ
意味:なくてはならないこと。(出典:デジタル大辞泉)

掛りかかり
意味:物事をするのに必要な費用。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました